2013年05月10日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013

今年も、
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013』に行ってまいりました。
@東京国際フォーラム(※昨年のときのブログ

LFJ


開催当初の2005年から毎年行ってますが、
今年は、初めてボランティアにも応募したら、当たりました(笑)

友達とは、5/4(土)に行こうといっていたので、
ボランティアは5/3(金) と 5/5(日)にしました。

どんなことするのか、一度は体験してみよう〜と言う感じで。

会場のご案内や、チケットもぎったりしてました。
(でも、チケットもぎったりは小さな会場のみ)

そんなに、忙しい!ってこともなく、いい経験ができました。
出演アーティストや、有名人も間近で見られたりしましたよ!


☆ガラス棟風景

LFJ・ガラス棟

ボランティアのときは、上部の一般の人は通れない、
渡り廊下?みたいなところも通れたので、社会科見学的でした(笑)
ちょっと、ラ・フォル・ジュルネの舞台裏見れたかな、という感じです。


☆2回目のボランティアでいただいた崎陽軒弁当(笑)

崎陽軒弁当

ごちそうさまでした〜♪


ボランティアでご一緒した方たちは、経験者、1回目の方、いろいろでした。
ラ・フォル・ジュルネの楽しみ方も、みなさんそれぞれで、
お話していて、とっても参考になりました。来年に活かそう!(?)


   ***


で。
今年のテーマは<パリ、至福の時>

フランス好きとしては、浮かれるタイトルですが、
あんまり曲は知らないんですよね(^^;

ただ、サン=サーンスの「オルガン付」は、高校時代に
吹奏楽アレンジで定期演奏会でやった経験があり、
とっても懐かしかった!(勢いでCDも買っちゃった(笑))

私達がやった演奏は、テンポもゆっくりだったので(それでもキツかったが…)
実際の演奏はテンポ早いし、やはり、生は迫力がありました!


☆聴いたプログラムは、こんな感じ・・・(聴いた順、敬称略)


■ デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
■ サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 op.78 「オルガン付」

  【出演者】
   読売日本交響楽団
   川瀬賢太郎 (指揮)


■ トゥリーナ:交響的狂詩曲 op.66
■ ファリャ:恋は魔術師

 【出演者】
   アントニア・コントレラス (フラメンコ歌手)
   海老彰子 (ピアノ)
   オーヴェルニュ室内管弦楽団
   ジャン=フランソワ・エッセール (指揮)   


■ ビゼー(根本編):オペラ≪カルメン≫ ハイライト
  前奏曲
  ハバネラ「恋は野の鳥」〈カルメン〉
  二重唱「母の便りを聞かせてよ」〈ミカエラ、ホセ〉
  セキディーリャ「セヴィリアの砦の近くに」〈カルメン〉
  二重唱〈カルメン、ホセ〉
  間奏曲「アルカラの竜騎兵」
  ジプシーの歌〈カルメン〉
  クープレ「闘牛士の歌」〈エスカミーリョ〉
  シャンソン
  二重唱「トラ・ラララ」(花の歌)〈カルメン、ホセ〉
  間奏曲
  アリア「何を恐れることがありましょう」〈ミカエラ〉
  二重唱〈ホセ、エスカミーリョ〉
  間奏曲
  二重唱(フィナーレ)〈カルメン、ホセ〉

  【出演者】
   エレオノール・パンクラツィ (メゾ・ソプラノ)⇒カルメン
   ジャン=ジャック・ラントン (テノール)⇒ホセ
   ジェニファー・ヴェネン (ソプラノ)⇒ミカエラ
   ヴィクラント・スブラマニアン (バリトン)⇒エスカミーリョ
   ムジカ・ニゲラ
   根本雄伯 (指揮)


■ デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
■ ラヴェル:左手のための協奏曲
■ ラヴェル:ボレロ

  【出演者】
   マリウシュ・ヴィルチンスキ (ライブ・ドローイング)
   ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ)
   シンフォニア・ヴァルソヴィア
   ジャン=ジャック・カントロフ (指揮)


  ***

☆感想などなど。

カルメンは、ダイジェストだったけど、ちゃんと聞いたの初めて。
ストーリーはなんとなく知ってるので、歌詞はわからないけど、
情感で伝わりました。皆さんの歌声にすっかり魅了されました。。。ほぅ

LFJ・カルメン


小曽根さんのプログラムは5/3だったのですが、すでにSOLD OUT。
たまたまボランティアでプログラム配布担当だったので、
最初の10分だけ、外で音だけ聴けました(笑)


あと、5/4最後のAホール公演の直前の回で、
サプライズとして佐渡裕さんがボレロをふったそうで、
友達とみんなで動揺・・・

アンコール

がーん・・・Σ( ̄口 ̄lll)


ま、私たちの回も、ボレロの演奏はあったんですけどね。
ライブ・ドローイングというのをやってました。
が、こちら、賛否両論ありそうです。。。

   私の感想としては・・・
   シュール。気になっちゃって演奏があまり頭に入らなかった(笑)


   ***


さて。
ラ・フォル・ジュルネでの楽しみは、屋台。

でも、夜には、おたのしみのカレーも売り切れていて…Σ( ̄■ ̄‖)

フランスワインを買ったお店で、ローストビーフごはんにしました。

ローストビーフごはん


☆夜の野外ステージ

LFJ・夜

無料で楽しめるプログラムも多いので、通りすがりでも楽しめますよね。



クラシック音痴の私でも、カジュアルに楽しめるこのイベントは
やっぱり好きだなー。

ボランティアは、1回やったからいいかなーという気持ちですが、
次回近づいたら、またやりたくなるかもしれません。。。

ボランティアの打ち上げもあるらしいのですが、別件で行けないからな〜。
いろいろお話できる機会だったのですが・・・んー残念。


さてさて、来年のLFJテーマは何だろう???>今から(笑)


 にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ  
いつも読んでいただきありがとうございます!ボタンをクリックしてくれるとうれしいです(´▽`)ノ

chimarun201 at 20:30│Comments(0)TrackBack(0)Music | Gourmet

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字