ガパオ風の炒めもの【米油部】夏野菜のフリット

2018年08月03日

【米油部】なすとゴーヤの味噌炒め

なんとっ!
このたび【米油部】の部員となりました。

私が一番ビックリです。
だし部と掛け持ちできると思っていなかったので…
ありがたいことでございます。

なのに、ギリギリ投稿な訳ですが…( ̄▽ ̄;)!!

一年間、どうぞよろしくお願いいたします。


初回のお題は、
『自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ』


なすとゴーヤの味噌炒めを作ってみました。

ご挨拶代わりのメニューと言うならば、
やはりこれかなーと。

実家では、私が小さい頃からの定番メニュー。
かといって、小さい頃はこの辺(神奈川)には、
ゴーヤなんて、なかなか売ってないし。

家の庭にひさしがわり?に育てていたけど、
日当たり良くないから、細〜いゴーヤで(笑)

両親ともに熊本の人なので、これは父の好物。
私は苦くて嫌いだったんだけど…。

今ではすっかりメジャーなゴーヤですが、
うちではゴーヤを『にがごり』って呼んでいて、
ずーっと『にがごり』だと思ってました。

『にがうり』でもなくて『にがごり』
…地方によって呼び方違うのかな??


料理もゴーヤといえば、ゴーヤチャンプルーですが、
ウチではもっぱら味噌炒めでした。

なすも小さい頃は苦手だったし、
食卓で見たくもないメニューだったけど、
いつの頃からか、私も好物に。

味覚って変わるのねーーーーー(他人事かw)



■なすとゴーヤの味噌炒め

【材料】4人分(作りやすい分量)

 ・なす 3本
 ・ゴーヤ 1〜1.5本(大きめ1本)

 ・米油 大さじ2

 (A)すべて混ぜておく
 ・味噌 大さじ2
 ・きび砂糖 大さじ1
 ・日本酒 大さじ1と1/2



【作り方】

 1. (下準備)
   なすは一口大の乱切りに、
   ゴーヤは縦半分に切ってわたを除き、
   1cmくらいの幅に切る。

 2. フライパンに米油を敷いて、中火にかけ、
   なすを炒めて、全体的に油が回ったら、
   ゴーヤを入れて火を通す。

 3. なすとゴーヤに火が通ったら、
   混ぜておいた(A)を入れて、混ぜ合わせる。
   焦げつかないように注意して、
   香りが立ってきたら火を止める。



できあがり!!!

なすとゴーヤの味噌炒め

母の作るのは、もうちょっと甘めかも。

米油はクセがなくわりとさっぱりしてるので、
今ではサラダ油の代わりに使ってますが、
原料も安心感があって、使いやすいです♪

なすとゴーヤの味噌炒め

はい、今日の晩酌〜(笑)


ウチの定番だけに、たまに来る友達は
何気に毎年、よく食べさせられています(笑)

ゴーヤそんなに好きじゃないみたいだけど、
文句言わせない私(笑)



そんなこんなで、もう一品!明日作りまーす!


最後に、自己紹介は…一言で言うと、
「食いしん坊な、おばちゃんOL」です!

で、いまだに独身です。(あーあ(笑))
でも、のんきに楽しく暮らしています♪


…こんな私ですが、
改めまして、どうぞよろしくお願いしますっ!



自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ

 ↑ 米油部の皆さんのステキな投稿は、
   こちらからどうぞ♪




にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ 
いつも読んでいただきありがとうございます!
読んだよー!のしるしにボタンをポチっとしてくださるととても喜びます〜っ!
(・∀・)ノ 私が。(笑)

chimarun201 at 23:16│Comments(0)こめあぶLove 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ガパオ風の炒めもの【米油部】夏野菜のフリット